PROJECTS 花と緑に関する普及啓発事業及び国際交流事業

コスモスセミナー

自然観察教室~集まれ生きもの好きな子どもたち~

 
小学4年生~6年生を対象とした屋外合宿セミナー。
生きものや植物の専門家とともに自然と触れ合い、子どもたちの科学的な視野を広げる事業。
 

受付終了しました

【2016年募集要項】
奥猪名の自然の中で、生きものを観察し、その生態や生活環境などを専門家の先生たちと学びましょう!  


日時 2016年8月10日(水)~8月12日(金) 2泊3日
場所 兵庫県立奥猪名健康の郷(兵庫県川辺郡猪名川町)
講師
兵庫県立人と自然の博物館
主任研究員 
三橋 弘宗
兵庫県立人と自然の博物館
主任研究員
山内 健生
プログラム 昆虫採集の方法、トラップ(わな)の作り方、仕かけ方の実習、夜間採集、観察、標本づくり等
参加人数 小学4年生~6年生 定員30名(エントリー先着順)
参加費 16,000円 ※別途振込手数料が必要です
申し込み方法 エントリー登録と作文提出の2段階でお申込みいただきます。
(1)エントリー登録
名前、性別、学校名、学年、住所、電話番号を明記し、下記の申込みフォームもしくはメール、お電話、FAXでエントリーしてください。エントリーの締め切りは7月3日です。
(2)作文提出
エントリー登録した日から1か月以内に原稿用紙2枚程度の作文を郵送でお送りください。
(6月20日以降にエントリーの方は7月19日まで)
作文の課題は「コスモスセミナーで知りたいこと」です。作文選考の上、「参加のご案内」の発送をもって、受付完了と致します。なお、作文の提出がない場合エントリーを取り消すことがございます。
※エントリー順に優先的に参加資格が得られますので、お早目にエントリーしてください。

申し込み・お問合せ先 (公財)国際花と緑の博覧会記念協会「コスモスセミナー」係
〒538-0036 大阪市鶴見区緑地公園2-136
電話:06-6915-4513  Fax:06-6915-4524
E-MAIL:hanahakupps@expo-cosmos.or.jp
主催 (公財)国際花と緑の博覧会記念協会  兵庫県立人と自然の博物館
旅行主催・実施 ワールドツアーシステム株式会社 大阪府知事登録旅行業第2種2047号
後援(申請中) 兵庫県、兵庫県教育委員会、兵庫県立大学、猪名川町教育委員会、大阪府、(一社)日本生態学会、日本環境教育学会、日本昆虫学会、日本動物行動学会、JT生命誌研究館、日本昆虫協会
 
セミナーの様子】  
2015年実施の様子 2015年実施の様子
2015年実施の様子 2015年実施の様子
2015年実施の様子 2015年実施の様子
2015年実施の様子 2015年実施の様子
2015年実施の様子 2015年実施の様子
   
▲このページの上へ戻る

小学校講師派遣事業

 

国際花と緑の博覧会の「自然と人間との共生」という理念を継承・発展させるため、協会に関わる多くの科学者や知識人を小学校に派遣しています。自然と人間との関わり、自然・いのちの大切さに係る講義を希望される学校等を募集します。

 申請書様式(クリックしてダウンロードしてください)   チラシ
   
【応募要領】
対 象: 大阪府内・大阪府近郊の小学校 3年 ~ 6年生 小学校講師派遣事業 seminar 2015
実施日: 平成28年6月中旬~平成29年2月下旬の平日
費 用: 無料
(但し、学校備品等をお借りする場合がございます。)
授業時間: 1~2コマ授業(1コマ45分)
授業場所: 多目的教室、音楽室等
  (体育館は極力避けていただいております。)
応募方法: 申込書に記載されている必要事項をご記入の上、申込書をFAX、郵送していただくか、Eメールでご応募ください。
応募締切り: 平成28年4月25日(月)(必着)
お申込み・
お問合せ先:
住所:〒538-0036大阪市鶴見区緑地公園2-136(公財)花博記念協会 企画事業部第2課
  TEL:06-6915-4513  FAX:06-6915-4524
  E-Mail:hanahakupps@expo-cosmos.or.jp
その他: ■原則1学年単位での授業となります。少人数の学校は別途相談させていただきます。
■準備の都合により実施時間は10:30~15:00の間で設定して下さい。
■応募多数の場合は、諸条件を考慮した上、実施校を決定させていただきます。
予めご了承の上、お申し込みください。
■6月中旬より、内容や講師との日程等の条件が合った学校から随時、事業を実施します。
【過去の実施例 (議事録をご覧いただけます)】(肩書きは当時のものです)
「環境、森林について」:中村彰宏(大阪府立大学大学院生命環境科学研究科准教授)
「自然・生命の不思議について」:長瀬健二郎(元天王寺動物園園長)
「昆虫とは」:谷 幸三(大阪産業大学講師)
「地球温暖化とは」:早坂忠裕(総合地球環境学研究所)
「いのちについて」:中村桂子(JT生命誌研究館館長)
▲このページの上へ戻る

講演会(肩書きは当時のものです)

2008年 花とみどりのまちづくり交流会
  ・石原和幸(ランドスケープアーティスト)ほか
2007年 花とみどりのまちづくり交流会~素敵な笑顔と出会いで、もっと楽しく~
  ・内倉真裕美(ガーデンアイランド北海道 理事)ほか
2006年 アークガーデンから発信する 「花のある暮らし」~これからの花のまちづくりを考える~
  ・杉井明美(園芸家)ほか
2005年 花の万博15周年事業 第2回講演会 自然と共に暮らす「柳生真吾の八ヶ岳だより」
  ・柳生真吾(八ヶ岳倶楽部代表)
2005年 花の万博15周年事業 第1回講演会「里山を歩こう」
  ・今森光彦(写真家)

1997年 「'97近木川フォーラム~蘇れふるさとの川」
  ・小松左京(作家)ほか
1996年 「万葉からのいのちの流れ~自然と人間との共生 」
  ・日高敏隆(滋賀県立大学学長)ほか
1995年 「生命のしずく、いのちのながれ」
  ・中村桂子(JT生命誌研究館副館長)
  ・吉川 寛(国立奈良先端科学技術大学院大学教授)ほか
1995年 「都市における自然と人間との共生~自然科学の果たす役割 」
  ・岩槻邦男(東京大学教授)
  「都市計画と都市環境~都市における自然と人間との共生」
  ・ 伊藤 滋(慶応義塾大学教授)
  「自然との共生~なぜ自然を守るのか」
  ・ 吉良龍夫(コスモス国際賞受賞者)