PROJECTS助成・協働事業

歴史の道みどりの拠点づくり事業

歴史の道みどりの拠点づくり事業 平成27年度「歴史の道みどりの拠点づくり事業」の公募を開始します

事業の趣旨・目的

花博記念協会は、街道を人間の生活と自然の接点と捉え、緑あふれる空間を創造することにより、当協会が目指す「自然と人間との共生」という理念の継承発展につなげ、人間にも自然にも魅力的な環境づくりを目指していきます。



事業の概要

旧街道等の歴史的に価値のある道において、自治体等が主導的にみどりの拠点づくり構想や計画を立て、地域と一緒になって整備していく場合、当該整備費の全部又は一部を負担します。

(1) 対象箇所:旧街道等の沿道で、樹木を植えることが可能なスペース。
(2) 対象規模:原則10㎡以上。
(3) 事業規模:1か所200万円程度を限度、全国で4か所程度。
(4) 整備内容:土盛、メイン樹木(樹高:3~7メートル)、道標、銘板設置等。
(5) 応募方法:当協会のホームページから申込書をダウンロードし、所定事項を記入の上、当協会まで郵便またはEメールで提出してください。FAXでの応募はできません。
(6) 応募期間:平成27年5月1日~7月31日(当日の消印有効)。
平成27年5月1日~9月30日(当日の消印有効)
応募が予算額に達した場合は、応募期間中であっても募集を締切る場合があります。
(7) 応募者:応募は当該地元市町村(都道府県も可)、事業実施者及び維持管理団体(地元自治会等)が
一体となって応募してください。
(8) 応募用紙:ここをクリックしてダウンロードしてください。



事業のスキームと役割

(1) 自治体(市町村、都道府県)は、歴史街道等の整備構想・計画等を定めてください。
(2) 対象箇所の選定は、全国公募により応募のあった箇所から、適切な事業効果が期待できると判断したものを選定します。
(3) 整備と管理は地元自治会等が行うとともに、工事発注と完成後の樹木等の日常的な維持管理も併せて行うものとします。
(4) 事業の実施に当たっては、当協会と地元市町村、事業実施者及び維持管理団体等との間で、
協定書を締結していただきます。



事業費の支払い

(1) 事業費の支払いは、活動が完了した後の「精算払い」となります。
(2) 応募用紙の不実記載や事業費の目的外使用等が判明したとき、又は活動の遂行が困難であると判断したときは、交付 決定を取り消し、又は減額する場合があります。



応募・問い合わせ先

〒538-0036 大阪市鶴見区緑地公園2-136
公益財団法人 国際花と緑の博覧会記念協会
企画事業部第2課
Tel:06-6915-4513|Fax:06-6915-4524
Eメール:rekishi-michi@expo-cosmos.or.jp

平成26年度支援団体一覧


実施団体 所在地 事業概要
篠山市 兵庫県篠山市 武家屋敷が建ち並ぶ御徒士町通りに地元自治会と連携してみどりの拠点を整備
葛城市観光協会 奈良県葛城市 竹内街道・横大路の魅力を高めるため「緑の一里塚」を整備
能勢町 大阪府豊能郡能勢町 能勢街道と亀山路の来栖交差点においてみどりの拠点を整備
能勢町 大阪府豊能郡能勢町 能勢街道沿いの道の駅「くりの郷」の敷地内にみどりの拠点を整備
河内長野市 大阪府河内長野市 高野街道沿いの三日市町駅前にて石灯籠を移設して新しいみどりの拠点を整備