スキップして本文へ

花博記念協会設立30周年記念フォーラム「花のある新しい暮らし」

花博記念協会設立30周年記念フォーラム「花のある新しい暮らし」

趣旨

1990年に鶴見緑地で開催された花の万博は、「自然と人間との共生」を理念に、栽培、緑化技術の革新的な進展や花緑の普及はもとより自然と人間がどのように歩んでいくべきか提言するものでありました。あれから30年、気候危機や感染症で生活が変容した今、花や植物が人の心や生活にどのような役割、効果をもたらしているのか。花をテーマに、様々な分野からの話題提供を元に、「花のある新しい暮らし」について探ります。

本フォーラムは造園CPD認定プログラム(CPD単位2.5)です。詳細は、こちらからご覧ください。

●本フォーラムのチラシは、こちらからダウンロードしてください。(404KB)
花博記念協会設立30周年記念フォーラム、チラシ

本シンポジウムは終了しました。ご視聴ありがとうございました。
当日の様子は、こちらからご覧いただけます。

日時

令和4年3月24日(木)13:00~16:00

次第

登壇者の紹介

講演1 13:05 - 13:35

尾室義典氏写真

尾室 義典(おむろ よしのり):農林水産省農産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室室長

1995年農林水産省入省、2013年生産局総務課生産推進室課長補佐、2017年政策統括官穀物課総括課長補佐、2018年農村振興局農村環境課・鳥獣対策室長、2019年香川県農政水産部次長を経て、2021年より現職。

講演2 13:40 - 14:10

林孝洋氏写真

林 孝洋(はやし たかひろ):近畿大学農学部教授

1984年3月京都大学大学院農学研究科修士課程修了。同年4月岡山大学農学部助手。園芸学の泰斗小西國義教授に花卉の「良品・安定・多収・省力・低コスト栽培」について指導を受ける。1993年1月京都大学農学部講師。准教授までの16年間、碩学の矢澤進教授から実学としての園芸学を学ぶ。1999年ミシガン州立大学留学(Royal Heins教授研究室)。2009年4月近畿大学農学部教授。植物・人間関係論、園芸療法論を担当。2018年北海道大学客員教授。

講演3 14:25 - 14:55

城山豊氏写真

城山 豊(しろやま ゆたか):咲くやこの花館館長

1983年京都大学大学院農学研究科修士課程修了。1988年京都府立植物園勤務、2007草津市立水生植物公園みずの森園長就任。2012年兵庫県立大学専門職大学院緑環境景観マネジメント研究科教授。2021年咲くやこの花館館長就任。2002年自宅の花壇を12ヶ月の間趣味の園芸(NHK出版)で連載。著書「よくわかる栽培12か月スイレン」(NHK出版)共著「毎年花咲く宿根草」(NHK出版)、「タネまきから楽しい一年草•二年草」(NHK出版)、「アーバンガーデニング花による緑化マニアル」(講談社)他

パネルディスカッション 15:00 - 16:00

須磨佳津江氏写真

コーディネーター 須磨 佳津江(すま かつえ):キャスター・ジャーナリスト

東京女子大学卒業後、NHKにアナウンサーとして入社。以後フリーランスとなってもNHKを中心に番組を担当。花や緑関連では『趣味の園芸』を11年間担当。現在NHK「ラジオ深夜便」アンカー19年目で、番組を進行しつつ、花や緑をテーマに、インタビューを企画、制作。放送以外でも1997年頃からオープンガーデンに着目し全国にオープンガーデンを広めた。2018年園芸文化賞受賞。(公財)日本花の会理事、(公社)園芸文化協会理事、(公財)都市緑化機構評議員、(一財)日本花普及センター評議員等。

主催

公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会

後援

公益財団法人日本花の会、一般社団法人フラワーソサイエティー

参加方法(Zoomウェビナー)

下記URLよりお申込み下さい。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_PtGGF6kTTT6JzAM2A54_zA

申込み後、視聴URLが自動返信されます。(返信が無い場合はお問合せください)。
* ご視聴にはインターネット環境が必要です。またご利用にかかるパケット通信料は視聴者のご負担となります。
* 個人情報は厳重な管理の上、当事業運営以外の目的で使用することはありません。
* 配信の録音、録画、撮影はご遠慮下さい。

問い合せ

公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会
TEL:06-6915-4516

E-mail:clover@expo-cosmos.or.jp
@を半角に変換してメールをお送りください。

HP:https://www.expo-cosmos.or.jp

造園CPD認定プログラム

本フォーラムは造園CPD認定プログラム(CPD単位2.5)です。

造園CPD認定プログラムの受付は終了しました

CPD単位の取得を希望される方は、申込みフォームをダウンロードし、必要事項を記入の上、シンポジウムが開催される前までに、申込みフォームを下記にメールでお送りください。
●申込みフォームは、こちらからダウンロードしてください。(42KB)

Mail:clover@expo-cosmos.or.jp
@を半角に変換してメールをお送りください。

造園CPD制度の詳細は、下記のページをご覧ください。
造園CPD制度(公益社団法人日本造園学会)