• HOME
  • 国際花と緑の博覧会
  • 花の万博の基礎知識

EXPO'90国際花と緑の博覧会

花の万博の基礎知識

名称

日本語 国際花と緑の博覧会
英語 The International Garden and Greenery Exposition,Osaka,Japan,1990
仏語 L'Exposition Internationale du Jardin et de la Verdure,Osaka,Japon,1990

略称

花の万博 EXPO'90

テーマ

「自然と人間との共生」

ねらい

花と緑と人間生活のかかわりをとらえ、21世紀へ向けて潤いのある豊かな社会の創造をめざす。

博覧会の性格

国際博覧会条約に基づく特別博覧会であり、東洋で初めての開催される大国際園芸博覧会である。

会期

1990年4月1日~9月30日(183日間)

開場時間

4月1日~4月26日 午前9時30分~午後10時
4月27日~9月30日 午前9時~午後10時30分

場所

大阪「鶴見緑地」 大阪都心から東へ約8km

会場面積

約140ha(駐車場・関連施設等を含む)

入場者総数

23,126,934人

花の万博の基本理念

 人類の宇宙飛行は、地球が唯一の青い惑星であることを教えた。高度の生命科学は、逆に一層、生命の奥深い神秘に気づかせた。
 20世紀の産業文明の発展は、今あらためて、あの花と緑に象徴された、自然の生命の偉大さを再認識させている。緑こそは、無機物を有機物に変え、生命を根源から生む力である。花はこの隠れた力の優美な表現であり、生命そのものの讃歌である。これを愛し敬うことは、自然と生命を共有する人間の心の本能であり、人間相互の尊重、世界平和への願望のもっとも素朴な基礎だといえる。
 そして、21世紀を目前にして、世界文明が大きく変わろうとしている今日、花と緑を身近なものとする技術、園芸と、それにつながる生命科学は画期的な意味を持ち始めた。世界の多くの国々において、都市化は歴史的規模で進展しつつある。高密度の人口集中地域に住み、その中で生涯をおくる人間の急増は、都市の内部に花と緑のふるさとを創造する必要を高めている。自然を愛し、自然を畏敬し、生命を祭る場所と仕組みを、ちまたの中にこそつくらねばならない。住環境を高める園芸の普及、公共的庭園の充実、また自然を学びその美をたたえる施設の整備は、人類の基礎的な生活要求の一部と見なければならない。世界の諸国とともに、日本も路地の一隅にさえ花と緑を育てる伝統を持ち、都市生活の中に自然を創造する独自の技術を培ってきたが、これは21世紀に臨む現代にこそ活かされるべきであろう。
 また、今日の世界は大衆社会に向かって動いており、多数の人々が等しく質の高い生活の享受をめざし、文化施設についてもそれが万人のものであることを求めている。これに応えて公園も、このような時代の変化に対応して、積極的に雑踏に耐える花と緑を提供しなければならない。そのためには現代の最高の科学技術を活かし、伝統的な園芸と庭園の知恵を守ると同時に、新しい広場の造形に挑戦すべきであろう。一方、現代人は雑踏の中にあっても緑の前に身を慎み、節度ある自然との交歓と相互の創造的な連帯をめざした、新しい園遊の作法を生みださなければならない。
 さらに、現代は、産業社会の構造的な転換の時代であって、従来以上に人間の生命とその環境を尊重し、しかも自然の生命を活用した生産がめざされている。全人類の一層の豊かさと生活の質の向上の糧として、花と緑を積極的に作る技術、機械生産と自然を調和させる技術はもちろん、自然の神秘そのものに依存する生命工学の発展が促されている。今日の花と緑の博覧会は、そうした産業思想の転換を紹介し、産業と生命、文明と自然が対立者ではなく、本来、調和しあう存在であることを確認する場所ともなるはずである。
 世界の産業先進国のひとつであり、現代人類の課題を典型的に負っている日本は、自国の文化伝統と、世界の多様な庭園、園芸観の遺産を踏まえながら、今回の博覧会で大胆な実験をも試みて、21世紀の地球社会の平和と繁栄に貢献したいと願っている。