PROJECTS 助成・協働事業

調査研究・行催事等助成事業

平成21年度助成事業 成果概要の報告

事業名
菜の花プロジェクト「聾学校の子供たちと共に!」
団体名(所在地)
熊本グリーンヘルパーの会〈熊本県〉
事業の実施場所
熊本県立熊本聾学校
事業の実施期間
平成21年4月~平成22年3月
事業の概要


菜の花プロジェクトは、春5月のナタネの収穫からスタートし、夏、その後作としてさつまいもを植える。秋にはさつまいもを掘り、春に搾ったナタネ油でイモ天に揚げ、収穫祭を行う。また、ナタネを植えつけ、冬の活動に入り、菜の花いっぱいの早春3月を迎えてプロジェクトの1年を締めくくる。
成果の要約


耕転機で能率向上
 花博記念協会の助成を受けて購入した耕転機は、畑の耕起、畝立て作業等の能率向上に大いに活躍した。協同作業を行った子どもたちも興味津々で、グリーンヘルパーの手助けを受けながら、熱心に作業を行った。今後の環境緑化推進の諸活動にも活用を検討している。
自然の驚異に学ぶ
 平成21年1月頃から、元来寒さに強く厳寒下でもぐんぐん生長するナタネの葉を、ヒヨドリが集まって食い荒らしてしまうようになった。子どもたちが休み時間にヒヨドリを追い払ったり、グリーンヘルパーがテグスを張るなど防鳥の工夫を行ったが、効果がなく、茎までも食い尽くされてしまったかのように見えた。
 ところが、残った株の周りに肥料を播き中耕をし、寒さの中、水をかけてみると、1週間後には発芽が見られた。その後も順調に生長し、やがて畑に緑がよみがえり、5月には、例年の半分に満たないものの、収穫を得ることができた。聾学校で学ぶ子どもたちは、自然の驚異とともに厳しさをも体感し、植物の生命力・再生力や強靭さに触れることで大きな教訓を得たものと思う。
成果の要約