PROJECTS 助成・協働事業

調査研究・行催事等助成事業

平成20年度助成事業 成果概要の報告

事業名
樹木のフェノロジー調査とその手法開発プロジェクト
助成対象者名
樹形研究会
事業の実施場所
国立科学博物館筑波実験植物園
事業の実施期間
平成20年4月~平成21年3月
事業の概要


 フェノロジー図鑑(日本産樹木の600 種記載2500 pp.を想定)作成のための調査。すでに15年以上 にわたってデータを蓄積しており、具体的にその出版を目指して、再確認・再検討を中心とする調査である。
成果の要約


樹形研究会会員15名が、茨城県つくば市、埼玉県滑川町「武蔵丘陵森林公園」と「秋ケ瀬公園(さ いたま市)」、千葉県我孫子市、長野県軽井沢市、日光植物園、三重県一志町、富山県中央植物園、 長野県中野市、東京都新島(以上本年度追加の調査場所)において、各人10 種前後の調査樹種を 選定。原則週1回の観察を行い、1種につき毎回
 
  30項目以上のチェック
  事象の詳細な記述、および描画
  ①についてデータベース化、グラフ化
  を行った。
沖縄県西表島での調査(外部委託)を行い、熱帯地方における貴重な観察データを加えることが出来た。
来年度からは北海道での調査も行う(今年度調査指導を行った)。
調査樹種が18年度および19年度と併せて300種を超え、事業目的である「生きた植物の通年 観察に基づくデータ」が蓄積されてきた。
全国各地で当プロジェクトに賛同する会員が増え、フェノロジー図鑑(日本産樹木の600種記載2500pp.を想定)作成のための基礎データの蓄積、データ解析の検討が大きく前進した。
関連成果物(公表した論文、活動の写真等)


西表島調査指導の様子 雌株の開花(両性化) 芽吹きと未熟果
西表島調査指導の様子 雌株の開花(両性化) 芽吹きと未熟果