PROJECTS 助成・協働事業

調査研究・行催事等助成事業

平成19年度助成事業 成果概要の報告

事業名
越前町立福井総合植物園植物標本整理事業
助成対象者名
財団法人越前町朝日公共施設管理公社
事業の実施場所
越前町立福井総合植物園
事業の実施期間
平成19年4月~平成20年3月
事業の概要


 越前町立福井総合植物園所蔵植物標本の整理を行い、情報のデータベース化を行った。さらに、植物分類学の専門家を招聘して、植物の同定指導を仰ぐとともに、植物分類学に関する講演会を開催した。
成果の要約


1. 標本整理事業
  平成19年度は、標本作成と標本庫への仮配架、標本情報のデータベース化を行った。
  • 標本作成と仮配架:標本の貼付、ラベル整備、同定確認を行い、完成した標本を標本庫に仮配架した。約12,000点の標本について、仮配架までが完了した。
  • 標本のデータベース化:データベースソフトを導入して、独自のデータベースのレイアウトを設計した。将来、他の研究機関と情報を共有化することにも配慮し、多くの研究機関で利用されているソフトを採用した。初学者にも平易にデータ入力が可能となるように、植物学名・和名対照表を辞書として導入し、学名が自動的に記入されるように設計した。主だった採集者、県名、絶滅危惧ランクなどについても、入力が平易となるように工夫した。福井県産植物標本で最も古い細井與三右衞門コレクション3,684点のデータの打ち込み作業が完了した。入力作業をフィードバックしてレイアウトの改訂を重ねた。細井コレクション中には、福井県域絶滅種5種(7点)、環境省絶滅危惧種26種(51点)が含まれていることが明らかとなった。
2. 専門家による同定指導・講演会の開催
   2007年10月26日(金)から28日(日)に、東京農業大学農学部 宮本太准教授をお招きし、ホシクサ科とイグサ科について、最新の分類体系に基づいて同定のご指導をいただいた。
   さらに、公開講演会を開催した。
  タイトル 「植物の形と分類のおもしろさ」
  場所・時間 越前町立福井総合植物園付属植物館1階映像ホール、10月27日(土)13:30~15:30
  内容 前半は、身近な野菜や果物を例にして、植物の形態について解りやすく講演していただいた。後半は、植物を分類することの意義や、宮本先生ご自身のご研究から、ホシクサ科・イグサ科の分類についてご講演いただいた。参加者40名。
  キク科、ツツジ科、イラクサ科、ラン科、ユリ科についても、専門家に同定を依頼した。
       
関連成果物(公表した論文、活動の写真等)


福井総合植物園植物標本庫 ボランティア「ハナノキ会」による標本作成
福井総合植物園植物標本庫 ボランティア「ハナノキ会」による標本作成
データベースのフォーマット
細井與三右衞門コレクション
データベースのフォーマット 福井県域絶滅種オキナグサ 細井與三右衞門氏採集、中井猛之進氏命名 ホソイスミレ
  福井県域絶滅種オキナグサ 細井與三右衞門氏採集、
中井猛之進氏命名
ホソイスミレ
植物分類学専門家の招聘
宮本先生による特別講演会「植物の形と分類のおもしろさ」風景 宮本先生による特別講演会「植物の形と分類のおもしろさ」風景
宮本先生による特別講演会「植物の形と分類のおもしろさ」
特別講演会の宣伝ポスター 宮本先生同定標本ホシクサ科ホシクサ 宮本先生同定標本イグサ科ヒメコウガイゼキショウ
特別講演会の宣伝ポスター 宮本先生同定標本
ホシクサ科ホシクサ
宮本先生同定標本イグサ科
ヒメコウガイゼキショウ