PROJECTS 助成・協働事業

調査研究・行催事等助成事業

平成17年度助成事業 成果概要の報告

事業名
おじいさんの木をみつけよう
助成対象者
NPOおおさか緑と樹木の診断協会
事業の実施場所
大阪府一円
事業の実施期間
平成17年4月1日~平成18年3月31日
事業の概要
都市化した大阪府内にも国の天然記念物をはじめ「おじいさんの木」と言われる巨樹・古木が残され、歴史の語り部、緑の文化遺産として保存保護に努めている。分布、生育、外観等の専門的な調査を行い、広く府民に周知し、貴重な緑の伝承と保護、愛護の精神を啓発する。
成果の要約
「見つけよう」「調べよう」「残そう」を3ヵ年のテーマとして事業趣旨のPRから調査マニュアルの作成、予備調査、本調査を継続して平成16年度から実施してきた。  
本年度は、前年度の成果を生かしながら、「おじいさんの木」の指定、登録に向けて所有者等とのヒアリングや調整を行い箕面小学校校庭のカキノキをはじめ、社寺、公共施設、個人邸に営々と息づく、20本の「おじいさんの木」を登録することができた。
登録にあたり、所有者からのヒアリングの結果、「おじいさんの木」に秘められた物語や子孫へ伝える使命感と管理の難しさを聞き、樹木に刻まれた年輪の厚さ重さをおぼろげに知ることが出来た。樹木の持つ時間(歴史)と地域の文化、所有者の思いが伝わり、「おじいさんの木」として残し、保護、保全する手助けに我々NPOが積極的に関わることの必要性を再認識した。
なお、本事業のより一層の啓発を図るため、登録第1号を記念して箕面小学校で児童を対象にしたイベントを開催し、箕面市の広報、ラジオを通して地域住民に身近な緑、樹木の大切さ、後世に伝える大切さを啓発できた。本年度登録まで手続きが進まなかった候補木も「おじいさんの木」の仲間に入れるべく所有者等に協力、理解が得られつつある。
関連成果物
NPOおおさか緑と樹木の診断協会 ニューズレター第5・6・7号