PROJECTS 助成・協働事業

調査研究・行催事等助成事業

平成16年度助成事業 成果概要の報告

事業名
大泉緑地ヒーリングガーデナー養成講座
助成対象者名
大泉緑地ヒーリングガーデナークラブ
事業の実施場所
大阪府営大泉緑地
事業の実施期間
平成17年2月5日、26日、3月5日、26日 4回シリーズ
事業の概要
大泉緑地の花や自然を楽しむ散策希望の皆様で、高齢や障害のため一人ではお困りの方々の車椅子を押したり、誘導しながら公園案内サポート活動をする「当クラブ」の会員を養成し、より多くのゲストをお迎えできるようにするヒーリングガーデナー会員養成講座。
成果の要約

当会の活動は6年目に入っています。現在会員の平均年齢は約62歳と高齢化し、お迎えするゲストの皆様の平均年齢に近付きつつあり、活動できる会員の減少にお迎えするゲスト人数を抑えていただいて活動しなくては対応が出来ない心細い状態と共に、活動する会員も急病などでお休みを取ることもできないなどの状態になりつつありました。地域のお迎えしている施設の方々からはHGCの活動を楽しみにして、サポート希望の声が年々、広がっていますが、現在、活動をしている会員の中には、自身の足腰の弱まりや活動後の疲れを実感する感想が多くなってきました。ゲストを安全・快適にサポートするためは、若い会員の養成と新入会員が必要と常々、話し合っていました。

幸いに、平成16年度は花博記念協会の助成金を受けて会員の養成講座を開催できました。この養成講座受講者の平均年齢はほぼ、50歳。16年度の養成講座の受講者9名中、6人の新会員が入会され、平均年齢が少し下がりました。新会員の参加により、体力面でも、行動力面でも、活動アイデア面でもユニークで活動的になり、ゲストお一人に会員一人の1対1の活動にも余裕が生まれました。最新の活動日(6月4日)に、お迎えしたゲストより、活動終了間際に率直な感謝の言葉を会員全員に対して頂き、是非にも、秋の案内をとのご希望までありました。これまでは施設のスタッフから感謝の言葉を頂くことはありましたが、高齢者や障害のある方から本当にHGC活動を必要としていると認めてくださっている事を実感できたことは、逆に活動継続への元気と勇気を頂けました。

小さなボランティア団体に共通する会員の減少問題を解決し、活動の活性化を計るに効果的な会員養成講座に対して、花博記念協会より助成をいただき、本当に有難うございました。今後も公園の自然を楽しみたい高齢者や障害者の皆様のご希望に添う散策サポートを心がけ、ヒーリングガーデナー活動を続けていきたいと考えています。

関連成果物(公表した論文、活動の写真等)