COSMOS PRIZE コスモス国際賞

2015年(第23回)受賞者



氏  名 ヨハン・ロックストローム
Johan Rockström
生年月日 1965年12月31日
国  籍 スウェーデン
所属・役職 ストックホルム・レジリエンス・センター所長
http://www.stockholmresilience.org/21/research/
research-programmes/planetary-boundaries.html

ストックホルム大学教授
http://www.su.se/english/?cache=%2Fstudy-information%2Fstudent-and-teacher-exchange%2Fincoming-students-to-
stockholm-university
ヨハン・ロックストローム



授賞理由

 

ロックストローム博士は、スウェーデン出身の気鋭の環境学者である。博士は、レジリエンス研究の世界的研究拠点であるストックホルム・レジリエンス・センターの所長(Executive Director, Stockholm Resilience Center) であり、同時にストックホルム大学で環境科学(とくに水資源と地球持続性)の教授を務めている。また博士は、2004 ~ 2012年まで、これも世界的によく知られたストックホルム環境研究所(Stockholm Environment Institute) の所長を務めていた。

ロックストローム博士は、グローバルな水資源と世界の水資源に乏しい地域(とくに開発途上国)におけるレジリエンス強化戦略 の構築についての研究を先導する研究者として活躍してきた。地球環境変動、レジリエンスとサステイナビリティ、農業水管理、 流域水文学、グローバルな水資源と食料生産、生態水文学などに関して、100以上の研究業績(うち50以上の査読付き論文)、 およびいくつかの著書を公表してきた。
ロックストローム博士の名が学術界を超えて広く世界中に知られるようになったのは、博士を筆頭著者とする世界の著名な29名 の研究者による「プラネタリーバウンダリー」(Planetary boundaries) に関する研究成果が公表されてからである。博士らは、人 類が地球システムに与えている圧力が飽和状態に達しており、人類が地球に与える圧力が大きくなりすぎると、例えば気候、水環 境、生態系などに内在するレジリエンスの限界を超えたときに不可逆的で大きな変化が起こりうるとした。人類が生存できる範囲 の限界=プラネタリーバウンダリーを把握することで、人類にとっての壊滅的な変化が起こることを回避できるのではないか、そ のような限界(臨界点: Tipping point)がどこにあるかを知ることが重要であるという考え方を示した。
この概念は2009年に論文として公表され、全文がEcology and Society に、またその要約版がNature に掲載された。前者の被引 用件数は約3000、後者のそれは約2000となっている。
これらの論文は、9つのプラネタリーシステム(気候変動、海洋酸性化、成層圏オゾンの破壊、窒素とリンの循環、グローバルな 淡水利用、土地利用変化、生物多様性の損失、大気エアロゾルの負荷、化学物質による汚染)のバウンダリーを評価したものであ る(最後の2項目はいまだ定量化が行われていない)。この結果をグラフに示したのが図1であるが、気候変動、窒素循環、生物 多様性の損失がすでにバウンダリーを超えてしまっていることを示している。
プラネタリーバウンダリーの概念とその実証結果は、地球環境研究にかかわる多くの研究者に大きなインパクトを与えた。また、 持続可能な地球に関する研究の超学際的な連携・協働のための国際的な枠組みであるFuture Earth(フューチャー・アース)の構 想などにも大きな影響を与えている。
ロックストローム博士は、学際的な環境科学分野での国際的な研究実績を有するとともに、プラネタリーバウンダリー研究のとり まとめにみられるように、世界の著名な研究者を束ね、国際社会に強烈なインパクトを与える体系的な研究成果を社会に分かりや すくとりまとめる優れたコーディネーション能力と、TED(Technology Entertainment Design) の講演で見られるような高いプレゼ ンテーション能力を兼ね備えている。
以上の理由から、ロックストローム博士は、自然と人間の共生を理念とするコスモス国際賞の受賞者にふさわしいと評価できる。


図1

図1 バウンダリーを超えて(Rockström et al., 2009, Nature Vol. 461) 内側の緑の網が9つのプラネタリーシステムを安全に操作できる領域(the proposed safe operating space for nine planetary systems)。赤いくさびは、それぞれの変数の現在の状態を推定したもの。3つのシステム(生物多様性の損失、気候変動、人 間の窒素循環への干渉)は、すでにバウンダリーを超えている。


学  歴

 
1997年 ストックホルム大学博士号取得(自然資源管理)
1992年 スウェーデン農業科学大学修士

職  歴

 
2008年~現在 ストックホルム大学教授(環境科学)
2007年~現在 ストックホルム・レジリエンス・センター所長
2004~2012年 ストックホルム環境研究所所長
2000~2004年 ユネスコ・IHE(水資源研究所)上級講師、研究コーディネーター
1998~2000年 スウェーデン国際開発協力庁、東アフリカ地域アドバイザー

主な賞歴


2014年 The Woods Hole Research Center's Lawrence Huntington Environmental Prize
2013年 Agronomist of the Year, Agronomist Assoc. (Swedish Association of Professional Scientists)
2009年 Swedish Person of the Year by the journal Fokus, for bridging science and society

アカデミー会員


2013年~現在 スウェーデン王立科学アカデミー会員



主な著作


Rockström, J., and Klum, M., 2015. Big World Small Planet. Abundance within Planetary Boundaries, Yale University Press
(released in August 2015)

Rockström J., Falkenmark M., Folke C., Lannerstad M., Hoff H., Enfors E., Gordon L., Barron J., Heinke J., Pahl-Wostl C. 2014.
Water resilience for human prosperity. Cambridge University Press

Rockström, J. and Klum, M., 2012. The Human Quest: Prospering within Planetary Boundaries (foreword by President Bill
Clinton, Nobel Laureates Yuan Tse-Lee and Paul Crutzen, Langenskiöld Förlag).

De Fraiture C., Wichelns D. (CLA), Rockström J. and Kemp-Benedict E. (lead authors), 2007. Looking Ahead to 2050: scenarios
of alternative investment approaches. Comprehensive Assessment of Water Management in Agriculture, Vol 3. EarthScan.

Rockström J. (CLA), Hatibu N., Oweis T., Wani S. 2007. Managing water in rainfed agriculture. Comprehensive Assessment of
Water Management in Agriculture, Vol 8. EarthScan.

Falkenmark M., and Rockström J., 2006. Balancing Water for Man and Nature: The new approach to ecohydrology. Chinese
Edition. www.waterpub.com.cn

Falkenmark M., and Rockström J., 2004. Balancing Water for Man and Nature: The new approach to ecohydrology. EarthScan.


主な論文


Rockström, J., and Falkenmark, M., 2015. Increase Water Harvesting in Africa. Nature, 519: 283 - 285

Steffen, W., Richardson, K., Rockström, J., et al., 2015. Planetary Boundaries: Guiding Human Development on a Changing
Planet. Science, 347 (6223): DOI: 10.1126/science.1259855

Rockström, J., Brasseur, G., Hoskins, B., et al., 2014. Climate Change: The Necessary, The Possible and the Desirable
– Earth League Climate Statement on the implications for climate policy of the 5th IPCC Assessment. Earth’s Future
10.1002/2014EF000280

Hughes, T.P, Carpenter, S., Rockström, J., Scheffer, M., and Walker, B., 2013. Multiscale regime shifts and planetary boundaries.
Trends in Ecology & Evolution, 28 (7): 389 - 395

Gerst, M.D., Raskin, P.D., and Rockström, J., 2014. Contours of a Resilient Global Future. Sustainability, 6 (1) : 123 - 135

Gerten, D., Hoff, H., Rockström, J., Jägermeyr, J., Kummu, M., Pastor, A.V., 2013. Towards a revised planetary boundary for
consumptive freshwater use: role of environmental flow requirements. Current Opinions in Environmental Sustainability, 5 (6):551 - 558

Rockström, J., Falkenmark, M., Karlberg, L., and Lannerstad, M., 2012. The Planetary Water Drama. Geophy. Res. Lett. 39(15):
16 DOI: 10.1029/2012GL051688

Griggs, D., Stafford-Smith, M., Gaffney, O., Rockström, J., Öhman, M.C., Shyamsundar, P., Steffen, W.,

Glaser, G., Kanie, N., and Noble, I., 2013. Sustainable development goals for people and planet. Nature, 495 (7441) : 305 - 307

Anderies, J.M., Carpenter, S.R:, Steffen, W., and Rockström, J., 2013. The topology of non-linear global carbon dynamics: from
tipping points to planetary boundaries. Env. Res. Letters, 8 (4), DOI: 10.1088/1748-9326/8/4/044048

Foley, J.A., Ramankutty, N., Brauman, K.A., Cassidy, E.S., Gerber, J.S., Johnston, M., Mueller, N.D.,O’Connell, C., Ray, D.K., West,
P.C., Balzer, C., Bennett, E. M., Carpenter, S.R., Hill, J., Monfreda, J., Polasky, S., Rockström, J., Sheehan, J., Siebert, S., Tilman, D., &
Zaks, D.P.M., 2011. Solutions for a cultivated planet. Nature, 478 (7369), p.337-342, Oct 2011

Reid, W. V., Chen,D., Goldfarb, L., Hackmann,H., Lee,Y.T., Mokhele,K., Ostrom, E., Raivio, K., Rockstrom, J., Schellnhuber, H.J.,
Whyte, A., 2010. Earth System Science for Global Sustainability: Grand Challenges.Science, 330 (6006): 916-917

Rockström, J. Steffen, W. Noone, K. Persson, Å., Chapin, III, F.S., et al. 2009. A Safe Operating Space for Humanity. Nature, 461: 472 – 475

Rockström, J. Steffen, W. Noone, K. Persson, Å., Chapin, III, F.S., et al. 2009. Planetary boundaries: Exploring the safe operating space for humanity. Ecology and Society, 14 (2): 32


<戻る>